ライブディーラーバカラ

バカラのルールとライブディーラーバカラ

バカラは、基本的なカジノテーブルゲームの一つで、プレイヤーの勝率が最も高いゲームの一つでもあります。その起源は15世紀まで遡り、フランスの貴族がイタリアのゲーム「バカラ」をプレイしたのが始まりです(「バカラ」はイタリア語で「ゼロ」を表します)。フランス語では「BACCARAT」と書きますが、これが今日のゲーム名になっています。バカラはカードゲームで、「バンカー」と「プレイヤー」という二人分の手札しか配られません。バカラのテーブルについた参加者は、「バンカー」か「プレイヤー」のどちらかに賭けることになり、「バンカー」のハウスエッジは1.17%、「プレイヤー」のハウスエッジは1.36%というのが一般的です。このゲームは特別なプレイヤースキルが必要ではないので、平均的なバカラプレイヤーにとっては、熟練のプレイヤーが有利なブラックジャックやビデオポーカーよりも不利が少ないゲームになります。このゲームは歴史的には「金持ち」のためのゲームでしたが、オンラインカジノは利用しやすい掛け金で遊べるバカラを用意し、そしてライブカジノバカラは、ライブの熱狂と、リアルタイムで進行するゲーム、オンラインによる利便性を提供しています。

バカラのルール

バカラを実際にプレーした方もいらっしゃると思いますが、バカラでは「バンカー」と「プレイヤー」という二人分の手札だけが配られます。実際のゲームでは、参加者の一人が「シューター」と呼ばれるカードケースを持ちます。そのプレイヤーは常に「バンカー」に賭ける必要があり、でなければ次のプレイヤーにシューターを渡します。そうしなければ全ての参加者が「バンカー」か「プレイヤー」のどちらか一つに賭けてしまうかもしれないからです。

ゲームは2枚のカードを「プレイヤー」と「バンカー」の手札として、それぞれ配る所から始まります。最も大きな額を賭けたプレイヤーが、通常「プレイヤー」側の手札を受け取ります。伝統的な、一般人立ち入り禁止のVIPエリアに設けられた金持ち向け高レートバカラでは、参加者がシューターからカードを引き抜く、または配ることに関わる、まるで儀式のようにこの事が執り行われます。とはいえ実際のカジノでもより一般客を集め始めるにつれ、そしてゲームがオンライン上に移るにつれ、このプロセスも簡素化されるようになりました。

ゲームの要点は、手札の合計の数を9に近づけることです。もし手札が「ナチュラル」、つまり数の合計が8か9でなかったら、もう一枚カードが配られます。バカラで手札に配られるカードは2枚、もしくは3枚で、それ以上は使用しません。カードはその表す数字そのままで計算しますが、ただし10は0として計算します。Aは1として計算し、絵札は全て0として計算します。

バカラの進め方

「プレイヤー」と「バンカー」それぞれに、裏面にしてカードが配られる事でゲームが始まります。実際のカジノでは、カードを引くプレイヤーはそのカードを見てから、ディーラーにカードを渡し、ディーラーが表にして卓に置きます。ディーラーは決まったルールに従って(合計が8または9でない場合)、カードを引く必要があるか判断します。もし必要なら、1枚カードを引いて表向きにして他のカードと一緒に置きます。次に「バンカー」にカードが(「プレイヤー」の手札を負かすために)必要なら、カードを1枚引いてディーラーに渡します。そして手札の合計が9に近い方が勝ちになります。ブラックジャックとは違い、どちらも「バスト」になることはありません。例えばもし手札に6と7があった場合、合計は13ではなく3になります。もし3枚目のカードが6の場合は、トータルは19ではなく9になり、もう一方が合計9の場合は勝利か引き分けのどちらかになります。

「プレイヤー」への配り方

「プレイヤー」の最初の2枚のカードが合計8か9になった場合、それは「ナチュラル」と呼ばれ、それ以上カードは配られません。「バンカー」の手が8か9でない限り、「プレイヤー」は勝利となります。合計6か7のときも「スタンド」となり配られません。「プレイヤー」の手札が合計0から5の時は、もう1枚カードが配られます。例外としては、「バンカー」が既に「ナチュラル」の場合、カードは配られず、「バンカー」の勝利となります。

「バンカー」への配り方

「バンカー」の手札にもう1枚カードを引くか引かないかは、カードの合計数と「プレイヤー」の手札によって決まります。「プレイヤー」の手札によっては、「バンカー」のカードを引いても引かなくても結果がわかっている場合があるからです。ルール上「バンカー」の手札が7、8、そして9なら成立し、もしカード合計が1か2ならもう1枚カード配られます。基本的に「バンカー」には、その時点で自動的に「プレイヤー」が負けとなる手札でない限り、1枚カードが配られます。

「タイ」引き分けに賭ける

参加者は既に「バンカー」または「プレイヤー」のどちらかに賭けていても、「タイ」つまり引き分けに賭けることができます。「タイ」が当たると、通常8倍の額が払い戻されます。

オンラインライブディーラーバカラ

バカラはカジノでプレイしても、オンライン上でプレイしても、エキサイティングなゲームである事に変わりありません。高い勝率が期待できるので、よりいっそうの参加者をゲームに集めることができます。しかしカジノを楽しむうえで重要な事は、他のプレイヤーやディーラーと話したり駆け引きしたりできる、そんな環境なのです。そしてオンラインカジノバカラの手軽さや、実際の動きによる臨場感を楽しむ最適な手段が、「ライブディーラーバカラ」を楽しむ事なのです。

「ライブディーラーバカラ」は、誰でも家庭のPC、またはモバイル端末のカジノアプリから遊ぶことができます。そしてプレイヤーは、ディーラーまたは他のプレイヤーとリアルタイムでチャットすることが可能です。ゲームはプレイヤーたちが実際のカジノにいるかのようにプレイされるでしょうし、実のところ、実際にセッティングされて行われるので「ヴァーチャル」ではありません。ディーラーは実際の人物で、通常はバカラをとり扱う技術と、その人間的魅力によってプレイヤーに選ばれます。もしあなたがバカラをプレイしたい、手軽にオンライン上でプレイしたい、そして実際のカジノの臨場感ある熱狂を求めているというのなら、あなたが遊ぶオンラインカジノに、この「ライブディーラーバカラ」を選んでください。依然として全てのオンラインカジノゲームの中でも高い勝率を期待でき、その臨場感はマカオやラスベガス、そしてモンテカルロでのプレイに可能な限り近づけてあります。誰あろう、あのジェームズ・ボンドがあなたと同じ卓で遊び、次の極秘任務について嘯いているかもしれませんよ。