景品がもらえる日本のギャンブルスロットマシン

日本の人気ギャンブル、パチンコスロット

パチンコは日本の娯楽アーケードゲームです。日本にはカジノがなく、賭博は違法です。しかし、パチンコスロット、通称パチスロは賞金に関する規制を守るために景品が当たるようになっています。熱心なパチンコファンのためのオンラインパチンコもあるほどです。パチンコ店は日本の至るところで見られ、パチンコ業界の生み出す利益はラスベガス、マカオ、シンガポールのカジノを合わせたよりも多いのです! パチンコ店はスロットマシンが並ぶホールで、実際にスロットと同じように機能します。賞金に関する規制から、客の多くは金か銀が入った景品を受け取ります。そしてそれを隣にある交換所で現金に換えてもらうのです。

パチンコスロットとはどんなもの?

パチンコは縦長のピンボールマシンのようなもので、スチールの玉を動かし当たりを狙います。お金を払って玉をもらい、一つ以上の玉をマシンに入れます。ピンボールマシンのように、スプリングのついたハンドルを抑えてから離すと、玉が上部から発射され落ちてきます。マシンによっては、ピンボールマシンのようにバンパーがあり、玉を跳ね返します。

パチンコの盤面内には真鍮のピンが数多く配置され、玉を水平に転がし、方向性を変えます。これにより玉が落ちる速度も遅くなります。このゲームの目標は玉ぴったりの大きさの穴に玉を入れることです。それができると景品がもらえます。玉が跳ねてどの穴にも入らず下のトレイに落ちていったら、ゲームは終了となります。

当たりの景品は、さらに多くのパチンコ玉です。これを使ってもっと遊ぶか、または現金に換えることができます。

パチスロにおける特徴に、「チューリップ」台というものがあります。チューリップ型の電役が一定の間隔で開閉するので、そこに玉を入れるためには発射するタイミングを見定めることが重要です。

コンピューター化、電子化されたパチンコスロット

パチスロはコンピューター化され、オンラインのパチンコまで出てくるようになりました。もはや機械式というよりはビデオアーケードゲーム化しており、コンピューターで管理された勝率を用いています。中央の画面に三つの絵柄が揃ったら当たりで、これは新しい縦型パチスロの数多くあるバリエーションのうちの一つです。

パチスロの景品

現代のパチンコスロットマシンは、二つの文字または数字が並んだら中央のリールが回転し続けます。この間ふんだんなアニメーションが流れ、これはリーチと呼ばれます。長く続く「スーパーリーチ」では、興奮はどんどん高まっていきます。パチンコスロットの勝率と景品は、従来のスロットマシンのようにマシンによって変わってきます。また、大当たりが出る場合もあります。

当たりモードが出た場合、中央の画面にはアニメーションが次々と流れます。この時、画面下には大きな当たりゲートが出現します。このゲートに玉を「入れる」のです。玉が入ったら、さらに多くの玉が下のトレイに「落ちて」きます。この出玉はそのままにしておくか、または後で使うためにバケツに入れておくこともできます。

現代のビデオスロットのように、現代のパチスロはさまざまなプレイモードを持ち、変わったモードや隠しモードがあるものもあります。当たりが約束されたモードか、当たる確率は低いものの大当たりが出る可能性があるモードを選べます。

また、ビデオスロットと同様に、光と音による合図が出てきます。アニメーションが変わり、映像でスーパーリーチの紹介があり、スピンがスリリングな雰囲気を高めます。現代のパチスロではランダムに起こる即興の当たりや、ボーナスなどの機能もあります。

パチンコに当たった人は大量のパチンコ玉を受け取ります。この玉には店の印が入っており、取り除くことはできません。

パチンコの景品と景品交換

当たりを現金と交換したい人は、さまざまなものから景品を選ぶことができます。一般的には、金のチップをもらい、近くの交換所で少しの手数料を払って現金化してもらうという方法があります。このようにして、日本のパチンコプレイヤーは現金を賭けることを違法とする法律に触れないように遊んでいるのです。

パチンコの大当たり

パチンコで大当たりを出した場合、当たりモードに入ります。この場合、二つの可能性が出てきます。一つは「確変」で、確率が変動するという意味です。もう一つは小当たりと呼ばれる、より小さな当たりです。

パチンコの確変当たりシステム

ランダム数字生成をもとに、一つ当たりが出るとそれに続いて何倍もある当たりが出ます。その前の当たりの結果がどうであれこれは起こります。ランダム数字生成システムにより、これで当たりが終わるか、他の当たりが続いて出るかが決まります。確変システムでは、「出すのが難しい」最初の当たりが出ると、自動的により大きな当たりが続々と出る場合があります。これは当然、パチンコファンが夢見るものです。オンラインカジノのプログレッシブスロットで、何百万ドルものジャックポットを当てるようなものなのです。

確変のより新しいバージョンでは、「スペシャルタイム」があります。この場合、プレイヤーは定められたオッズを特定の回数のスピンで満たし、その後自動的に続く当たりを出す必要があります。

または、マシンが確変の組み合わせを出さない場合、「時間短縮」を意味する時短に移行します。スピン回数が増え、ゲートが広がり、玉を入れやすくなります。ゲームの速度が上がり、忙しいものの利益を得られる結果を得ることができます。当たりモードが終わると、通常の設定に戻ります。

パチンコの小当たりシステム

小当たりは、2007年頃からほとんどのパチスロマシンに導入されてきたシステムです。普通より小さい当たりモードで、ゲートが頻繁に開閉し玉が入れづらくなります。スロットマシンには似たような当たりシステムがさらにありますが、出玉はより少なくなります。長い目で見れば、客が手にする出玉は店の利益と同じくらいになります。小当たりモードを出した人は、当たりを出すかまたは確変モードに突入します。

小当たりの一種で、戦闘もののテーマを持つマシンもあります。プレイヤーは、特定のスピン回数内に確変を当てなければなりません。このモードになると、敵を倒すバトルに突入する画面が現れます。敵を倒すと、次の確変モードに入ります。これが起こらなければ、小当たりは終了となるか、時短がスタートします。

パチンコの潜伏確変

パチスロ界の新しい機能として、プレイヤーに通知をせずに確変モードに突入する小当たりシステムというものがあります。ここで当たりを出す必要がありますが、立て続けに複数の当たりが出るようになっています。簡単な当たりがたくさん出るので、プレイヤーは遊び続けることになります。パチンコ店はより人気を得るためにこのモードを設定しているのです。こうしたパチンコのゲームモードの変化は、パチスロの人気を以前よりずっと高め、パチンコ店が史上最大に増える要因となったのです。

パチンコの景品と特殊景品

パチスロで遊ぶのは、景品を受け取ってそのまま遊び続けるという点で、カジノやオンラインカジノのプログレッシブスロットで遊ぶのと似ています。しかし、プレイヤーが出玉を換金したい場合、玉を店の外に持ち出すわけには行きません。まずは出玉を景品に交換する必要があります。

一般的な景品は、化粧品、お菓子、醤油、Tシャツ、ライター、タバコ、コンピューターソフトウェアなどです。特殊景品はプラスチックの容器に入った金や銀がもらえます。換金をする多くのプレイヤーは特殊景品を選びます。そして出玉が残っていたら、Tシャツやタバコをもらいます。

次のステップでは、こうして手に入れた金や銀を「隣」の交換所に持っていき現金化します。通常、近隣の複数のパチンコ店に対し、交換所は一軒です。交換所は景品を現金化する際、1%の手数料を取りそれを利益としています。つまり、パチンコで大当たりした人は、二段階の手続きを踏んで換金するのです。このパチンコ店での「換金」にかかる手間によってパチンコの人気が衰えることはなく、パチンコで遊ぶ人は年々増えています。